エイプ x2

バイクネタ、4miniネタ、apeネタのみでブログをやっていきます。
自作、カスタムやメンテなんかを中心に不具合発生マシーンと化した自分と嫁の2台のエイプをネタにしたブログです〜

初心忘れるべからず...って忘れてしまうんですわ〜

夜な夜なボチボチと作業は進んでいました。

耐熱のベアリングはめ合い用接着剤はオイルにはどうか?と、うをとみ氏から指摘
さらにポンチをアホほど打ち込みましたがまだ不十分だそうです...
今のところは全然抜ける感じがしないのでこのままで組んで鉄粉が出てきたらまた考えます。





そしてここから酔わない程度に1杯引っ掛けて作業
もうこの作業も手馴れたもので各部品を”何も考えず”サクサクと組み込みます。
後々この”何も考えず”が落とし穴になります。
この画像をよく覚えといてください!





新品の純正フリクションディスクを組み込みます。
純正100のディスクは外側と内側で溝の間隔が違います。
勿論部品番号も違います。
4枚ディスクのままだと内側か外側かわからなくなってしまいますが武川の5枚ディスクキットを使っているので次回バラした時も外側2枚
内側3枚なので一目瞭然ですね〜






サクサクと作業が進んで行きます






あっという間に腰上まで組みましたが






あまり深く考えず作業を進めていったのでカムスプロケットとフライホイールのTマークが合っているか不安になり確認
正常でした。






そして今日の昼間何気に作業工程を思い出してみるとキックスピンドルにワッシャー嚙ました記憶がありません...
LINEでツーリング仲間に不具合があるか確認したところうをとみ氏から「ガリて鳴るで」と
とりあえず仕事中なので嫁に電話して作業場のゴミ箱をそのままの状態で置いとくように頼んで帰宅
いつもエンジンを分解する時は部品毎にチャック袋に保管しているのでゴミ箱の中にあるはず...なんですが何回探してもありません......
下の画像を撮影した後何も考えずワッシャーを入れている可能性が濃厚






作業場の隙間をマグネットツールでゴニョゴニョしましたが訳のわからん物ばかり引っ付きます。
日曜の昼間に捜索してなかったらワッシャーを無意識に入れている言うことですね。
それでも「ガリ」て音なったら再度分解ですな〜





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

古いクランクケースにご注意!

気になって調べました
2004年に新車で買ったmyエイプなんですが走行距離60000キロを超えていました。
走り方にもよると思いますがクランクケースは寿命っぽいですね〜
クランクケース左のメイン、カウンターシャフトのベアリングが浮いて大きい方(カウンターシャフト)のベアリングは常温にもかかわらず指で押すとポロっ...
穴が摩耗してガバガバですわ〜
前回バラした時に念のためにポンチも打っていたんですがそういうレベルをはるかに超えていました。



ここからは素人である私個人の見解です。
ベアリングが浮いてワッシャーやミッションギアと干渉して下の画像のような鉄粉(言うか鉄の筋)がケースの内部でクランクシャフトやミッションの回転で飛び散り




スリーブとピストンの隙間に混入
リングから上のピストントップは殆ど無傷なので間違い無いと思います。



スリーブもこんな感じです。
ピストン、シリンダーは新品に交換してまだ5500キロしか使用していません。




普通ピストン、シリンダーはこんな状態なら使わないでしょうがクランクケースと合わせて新品で約9諭吉...そんなお金あるはずないちゅうねん!
とりあえずベアリング用の接着材で固定しているので少々のパワーダウンは気にせずこのまま組んでみようと思います。
先ずベアリングがちゃんと固定されていれば冬にピストン、シリンダーを交換...しようかな〜



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

嫁エイプのメンテは落とし穴だらけ〜

以前格安で落札したマニホールド2点
左は武川かオートボーイ製??
ボルトの取り付けピッチが純正ヘッドと同じ48ミリでPE24用ぽいですね


右は多分NSFやNSRのフレームに縦型エンジン搭載した車両用で取り付けピッチが58ミリ
PE28やPWK28を取り付けるにはこの58ミリのラバーマニホールドが必要になります。




そこでこの2つを合体!



これで取り付けピッチ48ミリのヘッドに58ピッチのラバーマニホールドが取り付け可能になるはずだったんですが...失敗でした。
フレームとキャブが干渉して聞いたことのない高音の吸気音が鳴り響きスロットルを煽ると回転が戻らない...これは明らかに2次エアを吸っていますね〜


以前武川のPE24マニホールドに10ミリ厚のアルミ板で自作したインシュレーターを取り付けていたんですがその時は外側にオフセットするように作っていたんです。
そんな事はすっかり忘れて楽して取り付けようとしたのが大失敗...



ラバーマニホールドも終わってました。
「あっ、ここから2次エアー吸ってたんや〜」と現実逃避に近い勝手な想像もやはりハズレでした。
予備のラバマニと交換しても症状は改善されません。



仕方ないのでCRキャブ用に自作した失敗作をまた付けてとりあえず普通に戻りましたがいつまでもエポキシで誤魔化したこの失敗作を使うわけにも行きませんね〜



さてやっとリアブレーキ周りに手をつけますよ〜
使用限度を超えた薄っぺらいリアディスクローターから4ミリも厚みのある中古ローターに交換してパッドも新品に交換...
全日本ロードレースでもお馴染みのプロジェクトμのパッドなんですが



左がプロジェクトμの新品
右が新品と厚みの変わらない純正
純正より厚いんです!


でもね...厚すぎてキャリパーに組み付けると左側のパッドが思いっきり引きずるんですよ!
右側はピストンを引っ込めばどうにでもなるんですが左はローターのボルトを緩めないと取り付けることすらできません...
嫁エイプはNSR前期のホイールなので前期と後期で変わるんかな??



仕方ないのでリューターで削ってヤスリで平らに均しましたがチョット削りすぎました。
削ったパッドを取り付けるとウソみたいにリアホイールが回ります。


プロジェクトμさん盛りが良すぎですわ〜



さて走れるようになったのでテストランと言う名のショートツー
に行く前に嫁エイプのシートはケツが痛くなるのでmyエイプの古いシートカウルを取り付けてみましたが見事にテールランプが隠れてしまいます...


オカマ掘られたり捕まったりしたらいやなんで元に戻して暗峠にGo!
画像はありませんが日本一の急勾配を楽しんできましたよ〜



帰宅後はmyエイプの作業をちょこっと
ニューアイテムの電気コンロ約1000円
これでクランクケース全体を加熱+トーチで火炙り



こいつをベアリング外周に塗って加熱したケースにハメます。
なんかネジロックと間違いそうなチューブなのでパッケージに戻して保管します。
ネジロックと間違えたらえらい事になるの間違いなし!



24時間で完全硬化らしいので今日の作業終了!






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへv