エイプ x2

バイクネタ、4miniネタ、apeネタのみでブログをやっていきます。
自作、カスタムやメンテなんかを中心に不具合発生マシーンと化した自分と嫁の2台のエイプをネタにしたブログです〜

ブログのネタは尽きませんよ〜

前回のソロツーで346キロ走ったのでもうエエか〜
言うことで慣らし終了とします。


慣らし終わったのでオイル交換
久々の赤パノリン(安い方)入れますよ〜


で、久しぶりにパノリン買ったらキャップの形が変わってました。
取手を引っ張ると



ノズルになっていました!
いつもはシリコンのじょうごを使ってオイルを入れていたんですがこれならじょうごもいりませんね〜




早速ノズルでオイルを入れてみましたが...空気の抜け道がないのでオイルが入るのがメチャゆっくり... イラッ!
らちがあかないのでストーブに灯油を入れるポンプみたいに容器をプシュプシュしてみると早く入るようになりましたがどうなんやろ?


オイルまみれになったじょうごを洗浄、拭き取りする事を考えたら手間が省けて便利なんですが注入は遅いし構造上仕方ないとは思うんですがどうしても容器にオイルが少し残ります。
結局最後はキャップを開けて外付けオイルフィルターの容器に注ぎました。
ん〜このノズル微妙やな〜



オイル交換が終わり例のセパハンのクランプを外します。


新しいのはアマゾンで注文しているのですが大陸製の格安セパハンなのでおそらく船便で現地から送ってくるシステムっぽくて5月2日までには届くらしいのですが...待ってられないのでとりあえず逝ってしまったクランプを再生します。



クランプを外してみると去年のの転倒でクランプがグリッと回ったのでインナーチューブはご覧の通りキズ物になりましたが想像していたよりかなり軽傷でしたね〜



8ミリのボルト穴がバカになったのでドリルで拡大して10ミリのボルト穴が入るようにします。
10ミリで1.25ピッチのネジ山なので本当は8.7のキリを使うのが正解なんですが手持ちで近いサイズは8.5ミリしかありません。



アルミなので強引にタップを立てたらOK〜



リューターでボルト穴頭がスッポリ収まるように切削
新しいクランプが届くまでの間に合わせなので出来栄えは適当〜ですわ〜



手持ちのボルトが少し長かったのでアルミワッシャーを4枚かまして出来上がり〜



4時を過ぎていたので近場で軽くキャブセッティングがてら試走してすぐ帰りましたが...



帰宅後に発見!
自作のオイルキャッチタンクのステーにクラックが...
なんでこんなトコ割れるかな〜
ありえない部位のクラックだったので発見した瞬間思わず笑ってしまいました


5ミリ厚のアルミ板
車体に対して重いものを付けてる訳でもなく、縦方向に取り付けているので金属疲労でも簡単にクラックなんか入るはずがありません...




まぁ材料費0円やし丁度いい感じのアルミ板も見つけたのでまた作り直しますわ〜
しかし「これでもか!」とブログのネタを提供してくれる空気の読めるエイプですね〜
って、なんでやねん!








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。