エイプ x2

バイクネタ、4miniネタ、apeネタのみでブログをやっていきます。
自作、カスタムやメンテなんかを中心に不具合発生マシーンと化した自分と嫁の2台のエイプをネタにしたブログです〜

4輪用オイルキャッチタンク流用&ショート化(復刻版)

今回は過去の流用、加工、自作の記事の復刻版第1号です。


画像のデータは2015年の11月なのでつい最近の作業になります。



事の始まりはmyエイプに中華製の激安アルミ製オイルキャッチタンクを取り付けていたんですが数ヶ月でステーが折れるか溶接部分がポロッと外れること3回...遂に以前から構想(妄想)していた事を具現化する事を決意!


先ずはヤフオクで4輪用のオイルキャッチタンクをゲット
4輪用のオイルキャッチタンクは縦に設置するように作られているので下の画像は横倒しになっている状態ですね〜
高さ約200mm
エイプにはこんな容量は必要ありませんね〜




言うことでカット!
万力で固定して人力(金ノコ)で切断しました。
厚みが5mmだったので予想以上に早く切れました。
また後々復刻版にしますがもっとエグい物を人力で切断した経験があるのでこれくらいはそれ程重労働ではありませんでしたがこの後の面出しが結構大変でした。




とりあえずノコの切断面はガタガタなのでオイルストーンではなく鎌や包丁用の大きめ
砥石や板の上に耐水ペーパーを敷いて地道に均しました。




フタを乗せてみるとまだ少しガタがありますね〜




とりあえずフタを取り付ける為に穴を開けてタップでネジ山を切って行きます。




このネジ穴を利用してフラットバーでT字の治具?を作りドリルで回転させ下の耐水ペーパーに擦り付けることでスピーディーに面出し...と思ったんですが回転を上げるとブレるし耐水ペーパーに押さえすぎるとトルク不足で全然ダメでした。


言うことで地道に人力で仕上げました。
完璧な面出しは出来ませんでしたがラバーガスケットがあるしクランクケースみたいに圧力もかからないので少々は大丈夫でしょう〜




さて次は元々付いていたニップルを切断しドリルでナットと面一にしましたが




いきなり太いキリで強引にやったのでセンターが思いっきりズレました...
後で適当にごまかします〜




で、本来あるべき所の取り付け位置に仮付けしてみましたがタンクのブルーが浮いていますね〜




言うことでここら辺に取り付けようかな〜と
と、ザックリと考えておりましたがここで新たな課題!
ステーをどうするか??




廃材の箱の中に使えそうなアルミ板を発見!
現物あわせで寸法を測りエンジンハンガーから5mm程のオフセット量でギリギリ作れそうです。




ドリルで適当なピッチで穴を開けてリューターとヤスリで罫書いた線の形に仕上げて行きます。




※アールが結構いびつなので画像をアップして見ないでください〜




前後のオフセット量バッチリ
左右の位置は長ナットとアルミカラーで調節しました。




この時点でボルトとアルミカラーは仮ですが大体ええ感じですね〜




もう一つ作らなければならない物があります。
位置的にフロントタイヤの真後ろになるので飛び石で青いアルマイトが即ヤラれるのは目に見えています。


そこで飛び石プロテクターとそのステーを自作します。
型紙を作りカーボン板とアルミのアングルを加工していきます。




同じような画像でスンマセン〜




はい!
ステーに付けるステーが完成!
アルミステーonアルミステーでは芸がないのでシルバーカーボン板でワンポイント




更にカーボン板を100mm角にカットして取り付けたら完成です〜




黒いカーボン板の厚さは1mmくらいだったと思います実はこの板、ドライカーボン製なのでウェットカーボンに比べてかなり強度があリます。




取り付け&ステッカーチューン

タンク本体以外は殆ど廃材等で作ったので確か2000~3000円くらいで完成させました〜




ええ感じになりましたね〜




これを取り付けてから「これなんですか?」とよく聞かれます。
まぁ、普通こんなトコにオイルキャッチタンクなんか付けませんわな〜
で、今現在の全体像は⬇️




また時間あれば復刻版をアップしていきますのでよろしくです〜





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

塩ビ管ツールボックス完成

塩ビ管ツールボックスの記事のデータが別のアプリに残っていたのでもう一度アップ+出来上がりまでの工程を書きますね〜



ホームセンターで普通に購入できる内径Ф75の塩ビ管と下のジョイントと




塩ビ管の末端に取り付けるキャップを使って車載ツールボックスを自作します。






初期試作品はボツ、画像は2代目になります。
キャップの凹凸を削ってパテ埋めしましたが




使ったパテが古く完全硬化しなかったので簡単に剥がれてしまいご覧の通りです...




塩ビ管ツールボックスですがまた1から作り直しです。
初代は強度に疑問ありでボツ
2代目は古いパテが剥離してやる気がなくなりボツ
今回はキャップのデザインをそのまま活かして中間のジョイントにパテを盛り段差をなくす方向で
新しいパテを塗りたくってガチガチに硬化しましたよ〜





回転させて余分なパテを盛りすぎて削りましたが結構大変でした。




一応足付けはしましたが塩ビは塗料との密着性が悪いので万能プライマーのミッチャクロンを吹き付けます。





プラサフをプシュ〜
綺麗に見えますが実は...





はい、やってしまいましたよ〜
サフ吹いている時に倒してしまいご覧の通りですわ〜




まぁ、どうせサフ吹いても隠れピンホールが出てくるのでもう一回要パテ修正なことはわかっていました。
ちなみに黄色いマスキングテープに書いている矢印の先がピンホールや凹みです。






パテ修正→サフ→やっと本塗装です。
塗装中の画像はありませんが一度ツヤ消しブラックを吹きましたが見た目がどうも安っぽいので耐水ペーパーで剥がしまたサフ→本塗装でガンメタっぽいダークシルバーにしたら高級感が出ました。


そのままでは寂しいのでステッカーチューン
右にXAM




左にTSR、後ろに井上ボーリング




左側の塩ビキャップはそのままフタにしてアイボルトで固定します。
アイボルトなら手で開け閉めできるんですがチューンドエンジンのエゲツない振動で確実に緩むのは目に見えています。
そこで緩み止めにワンタッチで脱着可能なビットホルダーをワイヤーで繋いでみました。





後はコンパクトな6.3sqのソケットを何個か揃えてソケットホルダーも自作して格納する予定です。



当初塩ビ管ツールボックスの中には純正のCDI、レギュレートレクチファイヤー、イグニッションコイル等を入れるつもりだったんですが全部入れると工具が入らなくなることが発覚!


そこでコイルは元々付いていたタンク下のメインフレームに取り付けCDIとレギュレートレクチファイヤーは端子の腐食防止にラップを巻いてシートレールにタイラップで固定しました。


ついでにパンク防止剤のスプレーもシートレールに固定したんですが後々これがエライことになってしまうんですね〜




話変わりますが本日六甲へ行きました。





西六甲でエイプを止めてリア周りを見ると泡まみれ...???
ヘルメットを脱いだら何やら音が...「シュ〜
犯人はパンク修理剤と言うことは即座に理解できました。
シートレールのどこかがスプレーのノズルボタンを押して噴射していると思いシートレールから外してみても「シュ〜」という音が聞こえます...
どうやらタイラップできつく締め過ぎてどこかのエッジ部分に振動で干渉して穴が空いているみたいです。


パンク修理剤なんか使う機会がない方がいいに決まっていますがこんな形で終了するとは...ね〜


因みに下の画像は泡を拭き取った後に撮影したものでインナーフェンダーは泡まみれでした。
もしフェンダーがなければタイヤが泡まみれになり確実にコケていましたね...
怖っ〜
シートカウルにも少々泡が飛び散っていましたが幸い塗装がヤラれるタイプのケミカルではなかったみたいで転倒もせずに済んだのでラッキーだったかもわかりませんね〜




またこんな感じで画像が残っていれば過去の自作パーツの紹介もやっていこうかなと思っとりますので今後ともよろしくお願いします〜






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

心機一転

いきなりですが諸事情により過去のブログとYouTubeのアカウント全てを削除しました。

今までコメント頂いた皆さんには本当に申し訳なく思っています。


頼りない管理人ですが懲りずにまたよろしくお願いします。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ