エイプ x2

バイクネタ、4miniネタ、apeネタのみでブログをやっていきます。
自作、カスタムやメンテなんかを中心に不具合発生マシーンと化した自分と嫁の2台のエイプをネタにしたブログです〜

嫁エイプのメンテは落とし穴だらけ〜

以前格安で落札したマニホールド2点
左は武川かオートボーイ製??
ボルトの取り付けピッチが純正ヘッドと同じ48ミリでPE24用ぽいですね


右は多分NSFやNSRのフレームに縦型エンジン搭載した車両用で取り付けピッチが58ミリ
PE28やPWK28を取り付けるにはこの58ミリのラバーマニホールドが必要になります。




そこでこの2つを合体!



これで取り付けピッチ48ミリのヘッドに58ピッチのラバーマニホールドが取り付け可能になるはずだったんですが...失敗でした。
フレームとキャブが干渉して聞いたことのない高音の吸気音が鳴り響きスロットルを煽ると回転が戻らない...これは明らかに2次エアを吸っていますね〜


以前武川のPE24マニホールドに10ミリ厚のアルミ板で自作したインシュレーターを取り付けていたんですがその時は外側にオフセットするように作っていたんです。
そんな事はすっかり忘れて楽して取り付けようとしたのが大失敗...



ラバーマニホールドも終わってました。
「あっ、ここから2次エアー吸ってたんや〜」と現実逃避に近い勝手な想像もやはりハズレでした。
予備のラバマニと交換しても症状は改善されません。



仕方ないのでCRキャブ用に自作した失敗作をまた付けてとりあえず普通に戻りましたがいつまでもエポキシで誤魔化したこの失敗作を使うわけにも行きませんね〜



さてやっとリアブレーキ周りに手をつけますよ〜
使用限度を超えた薄っぺらいリアディスクローターから4ミリも厚みのある中古ローターに交換してパッドも新品に交換...
全日本ロードレースでもお馴染みのプロジェクトμのパッドなんですが



左がプロジェクトμの新品
右が新品と厚みの変わらない純正
純正より厚いんです!


でもね...厚すぎてキャリパーに組み付けると左側のパッドが思いっきり引きずるんですよ!
右側はピストンを引っ込めばどうにでもなるんですが左はローターのボルトを緩めないと取り付けることすらできません...
嫁エイプはNSR前期のホイールなので前期と後期で変わるんかな??



仕方ないのでリューターで削ってヤスリで平らに均しましたがチョット削りすぎました。
削ったパッドを取り付けるとウソみたいにリアホイールが回ります。


プロジェクトμさん盛りが良すぎですわ〜



さて走れるようになったのでテストランと言う名のショートツー
に行く前に嫁エイプのシートはケツが痛くなるのでmyエイプの古いシートカウルを取り付けてみましたが見事にテールランプが隠れてしまいます...


オカマ掘られたり捕まったりしたらいやなんで元に戻して暗峠にGo!
画像はありませんが日本一の急勾配を楽しんできましたよ〜



帰宅後はmyエイプの作業をちょこっと
ニューアイテムの電気コンロ約1000円
これでクランクケース全体を加熱+トーチで火炙り



こいつをベアリング外周に塗って加熱したケースにハメます。
なんかネジロックと間違いそうなチューブなのでパッケージに戻して保管します。
ネジロックと間違えたらえらい事になるの間違いなし!



24時間で完全硬化らしいので今日の作業終了!






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへv

オマエ犯人やな!

仕事が早く終わったのはいいんですが部品もそろってないのでとりあえずケースのベアリングを交換しようと思いミッション、シフトドラム、クランクシャフト等を取り出して左ケースの内側が見えた瞬間絶句...
メイン、カウンターシャフトのベアリングが抜けかけていました。



大きい方は裏から指で押すと簡単に抜けました。
小さい方も本来面一なはずなのに1〜2ミリ浮いています。
トーチでケースを暖めて裏からT字レンチのハンドルでコンコンとやったら簡単に取れました。


どうやらドレンのマグネットに付いていた鉄粉の犯人はこいつらですな〜



両方共摩耗しまくっています。
刻印の打っているサイド側も綺麗に研磨されてました〜




これは新しいベアリング入れてもすぐに同じ事になるのでベアリング用の接着材を買わんといけませんな〜


言う事でダラダラやっとります〜




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへv

キャブテックの威力

土曜日の夕方
エンジンを降ろす前に南港に行きました。



いきなり話が逸れますがウインカー折れているのを発見!
以前塩ビ用の溶剤で接着して結構長い間耐えてくれましたが気がつくとポッキリ逝ってました...
後日1本だけ新品を保管していた物を1000円で落札したので交換しますね〜



さて本題です!
強力キャブクリーナーのキャブテックをプラグホールから燃焼室に注入して10分程放置
サイレンサーのバッフルを外してエンジンをかけて空ぶかし燃焼室のカーボンを吹き飛ばします。
プラグをつけるのを忘れてキックしてしまいプラグホールからドピュ〜
目に直撃➡︎激痛
道路の向かい側に公衆トイレがあったので直ぐ水で洗い流しましたが水道のない場所だったらエラいことになっていたところでしたね〜


で、エンジンをかけて試走してみると吹け上がりが軽い〜


そしてもう1回、説明書通り本来のやり方もやってみました。
エンジンをかけたままキャブに直接注入!
回転を上げないと止まりそうです。
バッフル無しの爆音が鳴り響きます。
そう、これがわざわざ人気のない南港まできた理由なんです。



さて帰宅後マフラーに直接触れるくらいの温度になったところでオイルを抜いて...
ギぁ〜!
鉄粉が前回より凄いことに...



日曜とりあえずエンジンを下ろしてバラして行きます。



まだ5500キロ程しか走ってないのでカムホルダーやヘッドのジャーナル部のカジリはなく綺麗ですね〜



ピストンヘッドは全体真っ黒なはずなんですがキャブテックである程度除去されたみたいですね〜



ヘッドの燃焼室は真っ黒ですがカーボンの蓄積がかなり少ないような気がします。
これもキャブテックの力か?!



そして駄目押しでヒートガンで加熱してまたキャブテックを10分以上



竹串と歯ブラシで綺麗に落ちました〜
エンジンをかけて注入したのが功を奏したんでしょうか
以前はある程度は落ちましたがここまで綺麗にはなりませんでした。



燃焼室もご覧の通り
バラす前の注入、バラしてから加熱、もう1度注入
次回もこのやり方で行きますわ〜
ちなみに排気ポートも同じようにやりましたが竹串や歯ブラシが届かない場所もあるのでここまで綺麗には行きませんがエンジンをかけたら殆ど吹き飛ぶと思いますよ〜



さてシリンダーを外してピストンを見てみると縦傷が...
少し爪にひっかるくらいですがお金ないので耐水ペーパーで軽く擦って見てないことにします。



スリーブのほうは爪は引っかからない程度ですが油膜切れなんでしょうか?
これも貧乏ゆえに見て見ぬふり...です。



クランクシャフト軸方向のサイドクリアランスを測定
古いクランクシャフトで0.64
新品では0.29でした。
やっぱり交換してよかった〜




次はケースのベアリングを交換します〜




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへv