エイプ x2

バイクネタ、4miniネタ、apeネタのみでブログをやっていきます。
自作、カスタムやメンテなんかを中心に不具合発生マシーンと化した自分と嫁の2台のエイプをネタにしたブログです〜

初めてのタイヤ交換

え〜私、1年に1〜3回はエンジンバラしてるくせに実はタイヤ交換したことがないんです。
チャリのタイヤは交換したことあるんですがなかなかの重労働っぽく面倒臭そうなので今までやらなかったのですが(今に始まった事ではないのですが)最近myエイプが色んなところにガタがきて不意な出費が多くなったので「そろそろやってみよか〜」的な適当な感じでバイク屋さんでレバー、プロテクター、虫回しを格安で売ってもらい本日初タイヤ交換となりました。


今年3月に前後新品のBT601SSを履かかせて2000キロちょい走ったんですがタイヤのセンターにそろそろスリップサインが出てきそうな感じです。
3000キロ超えたらもうスリップサインが出る予感...グリップするけど減りが早過ぎやで〜



で、うーやんおすすめのIRCのMBR-750を履かせてみます。



溝はかなり深く色んな人の商品レビューみてもライフも長いみたいです。
BSやDLに比べれば少しだけ劣るかもわかりませんがグリップも結構いいらしく公道では十分らしいです。



バイク屋さんのアドバイスでビートが上がりやすくする為に一晩タイヤに板を噛ませて広げときました。



やはり初めての事なのでリムを曲げてしまうのが怖く力加減がわからず外す時にはアホほど時間がかかりましたが新品のタイヤをはめ込むのは5分の程度で終了


ネットで先人の知恵えお授かりビートワックスは使わずタイヤ保護スプレーをプシュ〜
タイヤも広げていたので自転車の空気入れで簡単に入りました。


色んなレビュー見たら他社製タイヤより空気圧を低めに設定した方が良さそうなので今までフロント170 リア180でしたが前後170Kpaで様子を見ます。



で、リアホイールを取り付けようとしたらブレーキパッドがポロッと剥離...
応急処置で脱脂してゼリー状の接着剤でごまかしましたがまた不意な出費になりますわ〜



Myエイプ出来上がり



さて次は外したタイヤを嫁エイプに移植
嫁エイプの方はサーキット使用の中古タイヤを履かせていたんですがサーキットで溶けて波打ったタイヤの表面がクラックだらけです。


外した自分のタイヤと比べると"目くそ鼻くそ"なような気はしますがスリップサインは見た目で替え時がわかりますがクラックはどこまで奥に進行しているかわからないので間に合わせではありますが交換します。



2回目は短時間でタイヤも外せて楽勝ムードでしたが...



予めタイヤを広げていなかったのでエアーが漏れてビートが上がりません。
板を噛ませて1時間ほど放置しましたが大して広がっていません
やっぱり一晩はやらないとダメみたいですね〜
一応組んでみましたがさっきと一緒です。



ネットで色々検索して調べましたが「これで簡単にビートが...」みたいなのが数件ヒットしましたが「爆発ビート上げ」...マンションやし......一応動画も見てみましたが簡単は簡単なんですがやっぱりマンションの駐輪場では無理やで〜!


で、諦めずに検索するとタイダウンベルトなどでタイヤを締め付けるやり方を発見!
ウチにはラチェット式のタイダウンベルトはなく思いっきり安物なのでこれでいけるかどうかはわかりませんが他に方法がないので再挑戦!


アホほど空気入れたら「ポン」
お〜片方入ったぞ!
またアホほど空気入れたら「ポン」
どうにか成功です。


と、言うわけで日が落ちる前に作業終了!
400キロのツーリング行くより疲れた〜







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

エイプ 純正流用クロスミッション

嫁エイプの慣らしも終了しオイル交換時に鉄粉も極少量ドレンボルトについていましたがピストンリングが新品なのとクラッチが滑っていた時の鉄粉が残っていたはずなので組み替えたミッションは正常に機能していると判断してアップします。


エイプの純正流用クロスミッションを検索すると先人のありがたいネタが結構ありますが画像が見にくかったり肝心なとこがわかりにくかったりするものが多いので(他人が見てわかりやすいかどうかはわかりませんが)画像を掲載させて頂きます。


一応、ネット情報を元に個人でやっているものなのでこのブログでミッションを組み替えてトラブルになっても一切責任はとりませんよ〜


一番やりやすいのは程度のいいエイプ50ミッションを用意してドリーム50のメインシャフト、カウンター側1速、2速ギヤにメインシャフト側のエイプ50用5速ギアを使いエイプ100の部品と組み合わせるのがスムーズに作業が進むと思います。


私の場合50のミッション丸々持っていたのですが状態も怪しいし自分の100ミッションの部品をなるべく使おうとしたのが失敗の元でした。


100ミッションで組む場合は緑丸の4,18,19は不要です。
緑丸4は赤丸3のドリーム50の1速ギヤには絶対ハマらないので心配無いのですが緑丸18,
19はワッシャーなので組めるんです。

ワッシャー1〜2枚くらいどう言うことないと思うでしょうが私の場合ワッシャー1枚がオイルでギヤに張り付いたまま気づかずに組んでクラッチのフリクションプレートが異常磨耗しました。
クラッチ板とフリクションディスクを交換して事なきを得ましたが下手をするとクランクシャフトの大胆部のベアリング破損➡︎ピストン首振り➡︎クランクシャフト、ピストン、シリンダー終了という事にもなりかねないと思います。


もしミッションのシャフトにワッシャー1枚でも余分なものを挟んでいるてエンジン搭載後に次の症状が現れます。


メンテナンススタンド等で後輪を浮かせエンジンをかけてギアを入れクラッチレバーを握りクラッチを切った状態にします。
するとクラッチを切っているにもかかわらず後輪が尋常ではない回り方をします。


後輪が極ゆっくりと回る程度なら正常だと思いますが「えっ、クラッチ切ってるやん!」と言うくらい異常に回ります。


ウチの嫁エイプの場合リアキャリパーのメンテナンスを放ったらかしにして結構引きずっていたにもかかわらず後輪がクルクル回り出しました。


と、言う事でエイプ100ミッションベースで組み込む場合はワッシャー2枚を外してるか絶対確認してください。


まぁ、エイプ50ミッションベースで組むのが1番簡単ですけどね〜


もし情報に間違いあればご一報ください。










で、嫁エイプのオイルは今4輪用のモービル1を使ってます〜
ひょんなことからタダで手に入れました。
このオイルはバイクに使っても絶対クラッチが滑らないと聞いてましたが使用するまでは半信半疑でした。


最初はエンジンの慣らし程度ならさすがにクラッチも滑らないと思い使用しました。
さて慣らし終わって(言うか走行100キロ程で我慢できずに)全開!


お〜全然滑りません!
それどころかクラッチがメッチャ切れる!
キタコの強化クラッチsetとアイファクトリーの強化スプリングの効果もありますが純正クラッチアウター(多分ダンパーは入ってないはず)なので高回転まで回した後ブレーキングと同時にエンブレで「キュッ」と一瞬ロックします。


キタコの115ライトボアにヘッドは純正でヨシムラのST-1カム、キタコのウエストバルブにポートを少し加工してる程度なら全然使えますがロングストロークの124以上はどうでしょうか?
また普段は高回転まで回さない嫁エイプなのでこのオイルで十分ではないでしょうか。


新品で4L缶貰ったのであと2回はオイル交換できますな〜




ところで 今現在ドリーム50の純正部品ってまだ在庫あるのかな?
なかったらこの記事は全然役立たずですな〜
言うかエイプ100生産終了やのに今からこんな事する人居てるんか??






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

クラッチレバーのガタ

昨日のツーリングでまたまたH田ヤンのご指摘
「クラッチレバーガタガタですやん〜」
わかってはいたんですが放ったらかしでした。


そういえば純正レバーの時も穴が広がってレバー交換したのを思い出しました。
バラしてみるとやっぱりボルト穴拡大



H田ヤンのアドバイスどおり穴を拡大してカラーを入れようと思ったら元々カラーが入っていました。



そのカラー、磨耗で半分無くなっています。



アルミパイプをパイプカッターで切断しヤスリで高さ調整



穴が広がってるので隙間にエポキシを埋め込みました。
アルミパイプとエポキシなので寿命は短いような気はしますが...




今までクラッチレバーを軽くする為遊びを多めにしてかなり近めでクラッチが繋がるようにしていました。
多分その遊びのせいでボルト穴が振動で磨耗したんではないでしょうか。
言うことで今回からクラッチの遊びが少なめ、レバー遠目のセッティングにしましたが左手の握力死んでまいそうですわ〜




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ